看護師はモテる

女性看護師は実際モテます。しかし、モテたとしても実際に付き合うと「違う!」なんてことが多いのだとか。男性が求めているものと、看護師自身が男性に求めているものには、相当なギャップがあるようです。
看護師がモテる要素は、プライベートでも白衣の天使を想像していることが大半です。みんなの天使から自分専属の天使へ、そう願う男性は少なくはありません。はっきり言ってうれしくない大きな誤解です。少しでも看護師を理解している男性ならば、自分の性格と照らしあわせてみて、むしろ敬遠するかもしれません。
看護師自身の求めている男性像を考えてみましょう。プライベートまで奉仕はしたくないですよね。仕事であるから、いつも笑顔でいられるわけで、プライベートまで無理な笑顔は出したくありません。逆に、プライベートでは、男性に自身の心のケアをして欲しいところです。
実際、精神カウンセラーの方は、自身をカウンセリングしてもらうカウンセラーを持っていることが多くあります。聞くばかりでは自分のほうが参ってしまうため、自分用の煙突を作っているとのことです。

モテる自分で満足なのであれば、積極的に看護師という職業を押していくのが良いかもしれませんが、期待されすぎて看護師に嫌気がさし転職してしまうという事はさけたいですよね。面白いエピソードでは、合コンに参加する女医は、あえて医療現場関係の仕事と言ったり、完全に詐称して看護師を名乗る場合もあるそうです。
実際に付き合う相手を探したいのであれば、看護師という職業は隠しておくのも良いかもしれません。普通に忙しい専門職としておけば壮大な誤解は招かないはずです。